インプラント

歯を根の部分から失った方や、義歯を入れるのが難しい方のための治療法で、
第三の歯ともいわれています。当院では口腔部のCTをとり、
コンピューターでシミュレーションしながら、インプラントを入れる場所や本数、角度を決めています。
また恐怖心の強い方などは、麻酔医による鎮静法での手術も可能です。

インプラントのメリット

インプラントは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯とほぼ変わらないかみ合わせが実現できます。また、残っている他の歯を削ることもないので、他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

治療計画(代表例)

CT撮影

必要ならCT撮影を行い、コンピューター上で3次元的なシミュレーションを行います。

シミュレーション

インプラントの状態をシミュレーションします。

治療の流れ

1担当医・インプラント担当医の診察

2レントゲンや口腔内の資料収集

3CT撮影 (無料)

4治療法の決定/治療費の説明・同意

5埋込手術 (30分~60分、本数による)

6インプラントが骨内に安定するのを待ちます(3~6ヶ月)

7上部構造植立術(30分程度)

8仮歯・型とり・試適など

9完成(上部構造植立術からおよそ1ヶ月後)

インプラントや全身麻酔の際に鎮静法を希望される方は、手術日の約2週間前までに麻酔医との日程の調整が必要です。あらかじめ担当医とご相談ください。

インプラント料金表(保険適用外)※消費税を除く

インプラント体(人工歯根)1本につき手術代 + 材料代

+ デジタルプランニングサージェリーガイド手術 1手術につき

アバットメント(土台)1本につき

上部構造(かぶせ物)1本につき

オールオン4・特殊インプラント(手術+当日の仮歯)

オールオン4上部構造(設計によってかわります)

骨移植費など

インプラントを埋入するために必要な骨の量を造成・移植します

静脈内鎮静法麻酔費

麻酔費(笑気麻酔法)

CT撮影

ご相談後、改めて治療計画書と見積書を提示いたします。

※表示金額は、改定される場合がございます。詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。

インプラント治療の注意点

保険適用外のため治療費は高額になりがちです。治療の条件は、骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。(骨が足りない場合は移植手術などを行うことがあります)そして、全身の健康状態や喫煙に有無によって治療成績が変わります。また、治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。

他の診療項目

一般歯科
小児歯科
親知らず
矯正
(インビザライン)
ホワイトニング
口臭治療
入れ歯
その他
© 医療法人FENEST All Rights Reserved.